イベント情報

2022年12月14日

福山城築城400年記念 2022年度(令和4年度)福山城博物館テーマ展 大島能楽堂展 ー福山より世界へ ユネスコ無形文化遺産 能楽ー

福山開祖である水野勝成は、能をこよなく愛し、自ら舞ったと言われています。
それは、市内神社仏閣に奉納された勝成愛用の能面・能衣装等からも裏付けられます。
そうした気風は阿部時代にも継承され、福山藩士大島七太郎が喜多流宗家に師事することで、
備後一円に能楽を普及させます。
そして七太郎を初代とする大島能楽堂は2016年(平成28年)に福山市政100周年を祝して創作された
新作能「福山」等、福山を拠点に日本国内、そして世界で活躍を続けています。
この度は築城400年を記念して、大島能楽堂が所蔵する能衣装・能面・楽器等、その大島能楽堂の世界と、ユネスコ無形文化遺産に登録された能について紹介します。

開催期間 2022年(令和4年)12月17日(土)~2023年(令和5年)2月19日(日)

会  場 福山城博物館1階企画展示室 9:00~17:00

入  館  料 500円(400円) 高校生以下及び福山市・府中市・神石高原町在住の65歳以上の方は無料
     ※( )内は20名以上の団体料金

 テーマ展チラシ