新着情報

2022年10月10日

2022年度(令和4年度)秋季特別展の開催について

2022年度(令和4年度)福山城博物館秋季特別展の開催について

福山城博物館では以下の通り秋季特別展を開催中です。

多くのお客様の来館をお待ちしております。

尚、土日祝は事前予約制となっておりますのでお気を付けください。

 

1:タイトル

福山城築城400年・福山城博物館リニューアル記念特別展

「水野勝成と徳川四天王―神君家康の守護者達―」

 

2:期間

2022年(令和4年)10月1日(土)~11月20日(日)

福山城博物館:9時00分開館 17時閉館

ふくやま美術館:9時30分開館 17時閉館

月曜日休館※10月10日(月・休)は開館、10月11日(火)は休館

10月25日(火)から後期展示

 

3:会場

第一会場:福山城博物館1階・2階展示室(広島県福山市丸之内1丁目8番)

第二会場:ふくやま美術館2階常設展示室3室(広島県福山市西町2丁目4-3)

 

4:入館料

700円(560円)(ふくやま美術館内第2会場の観覧料含む)高校生以下無料

ふくやま美術館観覧料310円(250円)※ふくやま美術館常設展会場のみの金額

※( )内は20名以上の団体料金

革包茶絲威二枚胴具足

革包茶絲威二枚胴具足(広島県重要文化財・賢忠寺蔵)

5:概要

 

水野勝成は永禄7年(1564年)東海三河国に産まれます。父忠重との不仲から出奔、15年間に渡り放浪するのですが、徳川家康仲介の元、

水野家に帰参し、その後は関ケ原の戦い、大坂の陣で譜代大名として活躍します。そして元和5年(1619年)福山に初代藩主として入封することで、

ここから福山藩の歴史は始まります。

またその従兄弟である徳川家康は、数多の戦に参戦し、慶長5年(1600年)の関ケ原の戦いに勝利することで徳川幕府を開き、

泰平の世を築きます。その偉業は凄まじく、現在も全国に見られる東照宮がそれを物語っています。

そしてその徳川家康を支え続けてきたのが、酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政といった重臣である、

いわゆる徳川四天王です。徳川家康が天下人へと昇り詰める過程でその側近として、戦場での武働きだけでなく他の武将との折衝等その重責を担ってきました。

この度はそうした藩祖勝成と家康、そして徳川四天王について、その関わりと活躍をご紹介します。

尚、会場としては福山城博物館を第一会場とし、国宝等指定品を展示するふくやま美術館を第二会場とします。

 

6:主 催

(公財)ふくやま芸術文化財団・福山城博物館・ふくやま美術館・福山市・福山城築城400年記念事業実行委員会・中国新聞備後本社

 

7:後援

福山市文化財協会・NHK広島放送局・中国放送・広島テレビ

広島ホームテレビ・テレビ新広島・広島エフエム放送・エフエムふくやま

尾道エフエム放送・福山城博物館友の会